プリザーブドフラワーについて

プリザーブドフラワー(Preserved Flower)は、生花を加工し、長い間きれいな状態を保つことができるお花です。アーティフィシャルフラワー(造花)やドライフラワーとは異なる新しい加工花です。生花を加工したお花ですので1輪ずつお花の形(咲き方)が違いますので、すべてが揃っていないことで、より生花に近い印象を受けます。

一般的に「3年〜5年、長ければ10年はきれいに咲き続ける」といわれるプリザーブドフラワーですが、実際にご自宅に飾っていただくと、意外と湿気が多いので半年〜1年くらいで、色が変わったり花びらの形が変わってきてしまいます。
それでも、生花よりもはずっと長もちしますので、インテリアとしてもギフトとしても最適で、とても人気があります。

季節ごとにアレンジを変えても素敵だと思います。

ウエディングブーケの場合、持ち運びには注意が必要です。
ロザリウムからお届けする場合には、お花が保護出来る箱に入れてお届けしますので、その箱のまま持ち運びください。
どこかにぶつかったり、長時間触れているだけでも花びらが破れたり外れてしまうことがあります。

● お取扱い上のご注意 ●

水やりの必要はありません。水をかけると色落ちなどの原因となりますので、絶対に水をかけないでください。
湿度の高い場所・直射日光を避けて飾っていただくと、より長く楽しんでいただけます。

湿度の高い場所に長時間保管しますと、花びらが湿気を吸い表面が透明になったり斑点が出来たりすることがあります。
その場合は乾燥剤を入れた箱の中にしばらく入れて、お花の湿気を取り除いてください。

濃い色のお花は、衣服やほかのお花への色移りがございますのでご注意ください。

小さなお子様が口にいれないようお気を付けください。


ロザリウムからアレンジをお送りするときには、上記の内容が書かれた「お取り扱いの注意」を一緒にお送りしています。