アーティフィシャルフラワー(アートフラワー)について

アーティフィシャルフラワー(アートフラワー)は、「シルクフラワー」ともよばれる「造花」のことです。ロザリウムでは、生花のブーケを作るフラワーデザイナーがアーティフィシャルフラワーを厳選し、生花に見間違えるようなブーケ・アレンジを目指し制作しています。

アーティフィシャルフラワーには、たくさんのメリットがあります。

メリット1

前撮りや二次会、海外挙式、リゾート挙式にも安心してお持ちいただけます。
結婚式と二次会とが別の日の方も、一緒のブーケをお持ちいただけます。

メリット2

生花ですと季節によって手に入りにくいお花がありますが、アーティフィシャルフラワーですと一年中手に入りますので、ご希望のお花のブーケを持っていただけます。
(ご注文時期により、お花が欠品になることもありますので、ご了承下さい。)

メリット3

生花のブーケは季節により価格の変動があったり、人気のお花は高価になりますが、アーティフィシャルフラワーですと比較的リーズナブルな価格でご提供できます。

メリット4

結婚式が終わった後には、インテリアとして飾っていただけます。
結婚式の写真や想い出の品と一緒に、素敵にディスプレイしてください。

ただし、以下の点にご注意していただき、納得いただいてからご注文下さい。

「生花に見えますか?」というご質問を頂くことがあります。ですが、こればかりは個人の感じ方に差があるので、「絶対に大丈夫です。」と、お答えすることが出来ません。

大半の方から 『きれい』 『想像以上でした』 『実際に見たほうが素敵』『お友達にもアーティフィシャルフラワーだと言ったら驚かれました』 『メイクさんも生花と間違えていました』 などと言っていただきます。

それでも、生花とは違いますので 「生花とそっくりなアーティフィシャルフラワーのブーケを持ちたい」 というご希望ですと難しくなります。

下の写真は、アーティフィシャルフラワーのお花です。近くで見ていただくと、布の質感もわかりますし、花びらや葉の端にほつれがあることもあります。

ほつれは、発送直前に出来る限りメンテナンスしてお届けしますが、完全になくなることはありませんし、時間が経つとほつれが出てくることがあります。(この写真は、メンテナンス後の写真です。ほつれは、普通に持っていて目立つほどではありませんのでご安心下さい。)

生花とアーティフィシャルフラワーの違いを充分理解していただき、ご注文下さい。

そのほか、ご質問や不安なことがあるかたは、メールにてお問い合せ下さい。 
info@rosarium.jp

アーティフィシャルフラワー

アーティフィシャルフラワー